会社ってどうなん

雇用募集は必要なんだろうか?

更新日:

こんな事を言い出すと、こいつ会社経営しながらおかしんじゃないのか?と言われかねないんですが、先に答えを書いてしまうと確実に必要だと思います。その上で、私の会社の様な零細企業では、表立って募集をする必要性は無く、雇用方法もユニークで合って良いと考えています。

雇用募集を掛ける必要が無いと考える理由は主には3つです。

  • 募集を掛ける = 提示条件で働きたい人の最初の判断が決まる
  • 上記項目を含め、大資本の企業が強くなる(=良い人材はなかなか来ない)
  • いつ、どのような人が採用できるのか、見通しが立たない

結局、欲しい時に必要な人材を確保したいわけですから、自分でアプローチした方が確実だと考えています。なので、弊社では表立って社員の募集は掛けていません。上述の通り、募集を掛けたところで、よく分からん企業に進んでくる人材はいないでしょうし、仮に、応募者が希望する労働条件に弊社の条件が適ったとしても、「人材」として私が求めている適性は別の話になります。

だったら、私の周辺の知人でスカウトする方が費用対効果(時間や労力を含む)は抜群に良いはずで、そこに注力する方が賢明だと判断しています。

向上心の無い人材は流石に要らない

流石に、向上心の無い人材は我が社としては不要で、本人の成長にも全く生産性がありません。何を求めて会社に来ているのか?理路整然とした理由が無い方がおかしい。やりたいことが無い人も、お金だけが目当ての人も、何かしら働く決断をした理由だったり、いくらでもある会社の中からそこに入社する判断をした要因があるわけで、 それが些細であっても、とことん突き詰める心が無ければ、自分の人生の時間を無駄にしているとしか思えない。

自分の人生だから、途中でやりたい事が変わっても良いわけで、それを会社が操作したり、良し悪しを決めるべきものでは無いはずですね。それだけに、どれだけの期間、就業した会社に費やすのかわからなくとも、毎日に必死になれる人材でなければ、私は一緒に働きたいと思えません。これって、労働者と雇用者の関係に限らず、精一杯な奴には本気で向き合いたいというのがあって、優先度が高いのだと思う。

無理に大きな会社にしなくてよい

よく、社員を積極的に雇用しないんですか? 会社を大きくしたいと思いませんか?と質問されることがある。

毎回決まり文句の様に、「積極的に募集はしていますが、公に募集はしていません。」という。会社の規模については、「大きさは求めないし、死ぬまで一人ならそれでも良いと思っています。」という。

やっぱり、雇用は求める人材でない人を雇用するほど失礼なことはないし、「とりあえず毎年誰か雇う」なんて目をつぶった政策は自分の考え方に合わない。

会社の規模も同じ。兎に角、誰でも良いから集めてきた社員と場所でもって、事業活動を拡大しても、お客様は絶対についてこない。確実に会社の風通しや、風土を感じているし、納得していない経営者の顔を見て、浮かばない会社だと感じるだろう。

自分が惚れ込んだ社員を雇用して、 自信を持ってどんどん世界に送り出す事が出来ないならば、いつまでも一人で商いを切り盛りすることで良いと割り切っている。その心は、中途半端な人の為に、自分の人生の時間を削ることはしたくないし、相手の貴重な人生の時間を奪う様なこともしたくない。お金は稼げば良いし、稼ぐチャンスを作る事は可能だが、「時間」は増やす事ができないのだ。

人を雇用する事が目的ではないし、会社を大きくすることが目的ではなくて、それが、この記事の首題に繋がるのだが、人が大切だからこそ、その大切さを共感できる感性を持っている人たちと、社会人人生を過ごしていきたいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-会社ってどうなん

Copyright© 江藤良樹の仕事は物づくり , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.