オゾン 除菌・殺菌 雑談

オゾンでウィルス退治!

更新日:

ウィルス関係の話題が続いております。今日、この頃ですが、、、
次亜塩素酸水に限らず、オゾンでウィルス退治が可能です。
そこで、オゾンによるウィルス退治について述べてみたいと思います。

オゾンによるコロナウィルス不活化

先日、奈良県立医科大学と民間企業との合同実験で、オゾンガス曝露によるコロナウィルス不活化が確認されたとプレスリリースされました。

  「(世界初)オゾンによる新型コロナウイルス不活化を確認」

次亜塩素酸水と合わせて、コロナウィルスに効果がある除菌手段になります。
一般ユーザーが生活で取りうる、除菌方法の選択肢が増える事は有用だと思われます。

オゾンでウィルス退治の仕組み

オゾン(O3)は自然界に存在します。空気中に微量濃度が含まれており、脱臭・除菌作用を持っています。

時間と共に、酸素(O2)になろうとする性質があり、オゾン(O3) -> 酸素(O2)になる際、酸素原子(O)を放出するのですが、この酸素原子とウィルスが引っ付いて、酸化作用により死滅するというのが仕組みです。

脱臭についても、酸素原子(O)に悪臭の元となる物質が引っ付いて酸化・・・となり、全く同じ原理になります。

酸素原子を失ったオゾン(O3)は、
酸素(O2)になるので、悪者を成敗したのち、無害放免というわけです。

オゾン発生の原理

細かな説明は省略しますが、オゾンは空気と電気があれば生成可能です。
空気中の酸素下で交流高電圧を掛け、放電することで生成されます。

最新技術というわけでもなく、オゾン生成器は市場で販売されていますので、特に目新しいものではありません。

但し、注意点があります。
「オゾンは毒性が強いもの」なので、安全な使用が求められます。

脅しになってはいけませんので言及しますが、オゾン濃度が数ppm以上になると、人体にも影響が及びます。

「オゾンでウィルス退治の仕組み」の通り、物質を酸化させて破壊する作用があるので、一定以上の濃度で使い続けると、破壊作用は強くなり促進されていきます。

自然界に存在していると書きましたが、濃度としては0.05ppm前後です。
そして、この程度の濃度でも十分な脱臭・除菌効果があるので、過度に濃度を増加させない限り、効果が期待できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-オゾン, 除菌・殺菌, 雑談

Copyright© 江藤良樹の仕事は物づくり , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.