製品販売

顔認証端末機のAPI公開しています

更新日:

以前の記事(顔認証端末とシステム販売開始)でもご紹介の通り、顔認証端末機を取り扱っています。
コロナ対策用としてはもちろんですが、セキュリティの都合上、新たな開発会社にシステムを把握させたくない企業様も居られます。その様な企業様に対しても、不安を払拭できるようにと顔認証端末機のAPIを公開しております。

巷の顔認証端末機はカスタマイズできないものが多い

日本国内の多くは、中国メーカーであるハイクビジョン社の製品が多く流れています。
当方で取り扱いのある顔認証端末機は、ハイクビジョンにシステム提供をしている大元のメーカーになります。
そして、国内市場に流れている製品の多くは、ユーザー側でカスタマイズができないものがほとんどです。
つまり、設計会社はもちろん、技術を有する集団であっても、購入製品をそのままの設定で使う他にありません。


この点、こちらが扱っている端末機はAPIを公開していますので、ハードウェアに関わるものを除けば、自由にカスタマイズが可能です。いちいち、付属のアプリケーションソフトを起動する必要もありませんし、自社サーバーとの連携も普段からご契約されている技術者や、社内の技術者でご対応が可能となります。
この点、既に社内システムを見られている保守企業様の他に、新たな新規設計会社と契約する必要もなくなりますので、セキュリティ面において、必要以上の情報流出の恐れが無く安心です。

カスタマイズ開発したいけどできない・・・と言った問題に対して、改善されるのが弊社の端末機です。

 ・API情報が公開されるのでソフトウェア開発者が自社向けに開発可能

 ・分からない問題や質疑については、当方に頂ければご回答します
  (メーカー技術と直通にあり、オンラインで質疑応答をしています)

 ・購入後、正規保証がある
   (日本総代理店から入荷する為、正規ルートとなり保証が付いています)

API公開されると何が良いのか?

API公開されると、取り扱い店やメーカーに依存する要素が少なくなります。
冒頭から表現している通り、カスタマイズ対応がメーカーでしかできないとなった場合、メーカーへ自社のシステム情報を全て提供しなければなりません。
やはり、これはセキュリティ面においてリスクが高く、合わせて、自社システムの開発・保守ベンダーからも、好感的には映りません。

API資料を公開することで、兼ねてからお付き合いのある開発・保守ベンダーに依頼する事が可能ですし、メーカーや当方の様な販売店にシステムの内部情報を公開しなくても良くなります。自社システム情報を開示する必要がないのは当然の事であり、大きな障壁になる要素と考えます。

閉じられたシステムで使われるのが安全でお勧め

外部ネットワークに出てしまうと、どの様な攻撃に合うか分かりません。
それだけに出来るだけ閉じられたシステムに導入されることが望ましいと考えられ、
例えば、社内のローカルネットワークに限定して使うのが良さそうに思います。

今回の記事では、導入時に開発・保守ベンダーが存在している場合を考慮して、
API公開について綴りましたが、開発・保守ベンダーがおらず、
導入してみたいとお考えの方も、是非お声がけください。

また、「顔認証端末 + カードリーダーでセキュリティUP」の記事でも、システム例を記載しております。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-製品販売

Copyright© 江藤良樹の仕事は物づくり , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.