雑談

AppleはM1 Microsoftも独自CPU開発

更新日:

米国Bloombergの報道によると、Microsoftが独自CPUの開発を進めている。

こちら:Microsoft Designing Its Own Chips for Servers, Surface PCs

先般発売されたMAC Bookも搭載CPUがApple社独自開発のApple M1でした。
それまでは、Intel社にCPU供給をしてもらい、自社PCの開発を進めていたわけですが、今後はARM社にCPUアーキテクチャを提供してもらい、自社CPUの開発を進めることになりそうです。

この現状を知ってか知らずか、MicrosoftについてもIntel社からARM社に乗り換えて、アーキテクチャの供給をしてもらい、自社CPUの開発を進める見通し。

これまで、CPU市場はIntel社がほぼ独占状態でした。
一般ユーザーにおいても、家電量販店などでPCを購入する際、パソコンにIntelのシールが貼ってあるのを目にしたことが有ると思います。

この牙城が少しずつ崩されつつあるのかもしれません。

ARM社のCPUは低消費電力

上記でもちょくちょく出てくるARM社ですが、私も開発で使う事があります。
少し前までは、孫正義率いるSoftbankのグループ傘下にあり、現在はNVIDIAというAIやグラフィック関係の製品メーカーに買収されています。

このARM社のCPUは、モバイル製品に搭載されている事が多く、電池駆動の条件下において、自ずと低消費電力を求められる市場がメインでした。
そんな経験値を携えて、Intel社のほぼ独占市場に挑戦を掛けたのだと思われ、今のところ順調な成功を収めている様な印象を受けます。

Apple M1でも大きく報道されていますが、低消費電力な点だけでなく、処理能力にも長けていることから、これまでのIntel社よりも処理能力、処理効率が引き出せている点も大きい要素に思われます。
厳密には、Apple社が自社CPUを上手く作っているというのが実情だと思いますが、ARM社無くして成し得ないものでもあります。

今後、Intel社はどの様な戦略があるのだろう?

こうなってくると、トップシェアカンパニーのIntel社はどうするんだろう?
何もせずに終わる企業ではないだろうし、秘めた戦略が有ると思い、個人的には期待している所が有ります。

この切磋琢磨によって、現在のCPU性能がまだまだUPをするならば、パソコンの処理能力も何段階か上がるかもしれません。

この様な市場傾向を見ていると、製品開発をしている自分に落とし込んで考えてしまいます。

極端に言えば、汎用的な製品が満足を与える時代ではなく、独自性の追求を行った結果、ユーザーに支持される製品が勝ち残っていく時代なのだと感じます。

これまでのIntel社は、汎用的で且つ力強いCPUを、各社へ提供し続けてきたわけですから、そのままの路線から軌道変更が求めらる時期に来たのでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-雑談

Copyright© 江藤良樹の仕事は物づくり , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.