製品販売

Langogo Summitの国内販売開始!

更新日:

(株)ドローデザインでは、Langogo製品の正規販売取次ぎ店(代理店の様なもの)となりました。
正規販売代理店、正規販売取次ぎ店には、正規ルートに限定した補償や特典が御座いますので、ご活用くださいませ。

(株)ドローデザインでは、日本国内向けにLangogo Summitの販売を開始しました。
Langogo Genesisのハイエンドモデルになりますので、ガジェット好きな方は是非入手ください。

「Amazonで販売されているものと同じですか?」

との質問が多く寄せられます。

Amazonで販売されている物は、正規代理店ルートの物ではありませんので、製品保証やお問い合わせを代理店や販売店に持ち掛けても、ご対応ができないのが現状になります。
Summitにつきましては、正規代理店からご購入されることをお勧め致します。

Summitの製品概要

Langogo Summitは、AI搭載翻訳機  Langogo Genesisのハイエンドモデルになります。。 Langogo Genesisの基本機能に加え、HiFi同時通訳や画像翻訳機能を充実させた機種となっております。

  • リアルタイム翻訳結果であるテキストを、ミラーリング機能にて大画面出力が可能。
  • 高性能指向性集音マイクと組み合わせて、遠距離同時通訳機能が対応可能
  • ワイヤレスヘッドホンとBluetoothにてペアリングさせることで、ハンズフリー同時通訳が可能
  • 800万画素のカメラ搭載に伴い、画像翻訳対応

国際会議や大ホールでの通訳機として、様々なビジネスシーンをカバーする製品となっています。
機能・性能は、Langogo Genesisとオーバーラップする部分が多いのですが、 Langogo Summitにはカメラが付いており、撮画からの翻訳処理が可能です。

SummitとGenesisの製品比較

Genesisが標準モデルと位置付けられ、ハイエンドモデルがSummitになります。
800万画素のカメラで画像翻訳が可能となり、マイクが高性能になった点が大きく異なる点です。

注意が必要なのは、ネットワーク接続方法にも相違点があることです。
Genesisは、Wi-Fiとe-SIMにてネット回線へ接続が可能ですが、SummitはWi-Fiでの接続しか手段がありません。


製品コンセプトが異なることもあり、屋外使用をベースにするならばGenesis。
Wi-Fi環境のある屋内使用をベースにするならばSummitとなります。

また、会議の文字起こしとして、翻訳された文章をクラウドにUPし、後ほどテキストデータとしてダウンロードすることも可能です。

翻訳機能を使用せずとも、通常の社内会議にSummitを持ち込んで頂き、会議の議事録として文字起こしデータを記録されるのも有意義な使用方法です。
議事録作成の手間が省ける上に、会話がデータになっていますので、そのまま参加者へ配布が可能となります。

宜しければSummitとGenesisの製品比較記事も、御参考くださいませ。

    SummitとGenesisはどちらがどう良いのか?

Summitについては、基本的に弊社からの販売で代理店と契約をしている為、直接弊社へご依頼を頂けますとスムーズです。

Langogo日本総代理店のサイトはこちら --> Langogo日本総代理店
類似機種である Langogo Genesisに関する記事 --> Genesis e-SIM 2年後はどうなるの?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-製品販売

Copyright© 江藤良樹の仕事は物づくり , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.